主婦キャッシングについて

消費者金融では専業主婦の人はキャッシングの利用が出来ません。
これは総量規制が消費者金融には適用されているからで、年収の3分の1を超える貸付を総量規制では禁じているのです。
年収がゼロになっている場合は、これを超える額も当然対象になりますので、自らの収入が無い人は利用が出来ないのです。

しかしながら、アルバイトやパートを行っている主婦の場合はキャッシングの申込みが出来ます。
但し、利用する事が出来るのはあくまでも年収の3分の1以内になります。
借入クイックで融資可能な金額をチェックしましょう。

また、他の貸金業者から借入をしている場合は、借入残高の合計が年収の3分の1から差し引かれる事になりますので、その分キャッシングできる額は減る事になります。

他の貸金業者からの借入が有る事を黙って申込みを行う事は法に反します。
また、仮に嘘をついて申込みを行っても、その嘘は直ぐに知られてしまうのです。

消費者金融など金融機関では、信用情報機関が管理を行っている個人信用情報の照会を必ず行います。
この個人信用情報には過去の借入や申込み、借入残高と言った情報が記録されており、消費者金融の審査基準の1つとして利用されているのです。

因みに、ブラックリストと呼ばれるものが在ります。
ブラックリストと言うリストは存在しているわけではなく、信用情報機関が管理を行っている個人信用情報の中に金融での事故の情報として記録されている事を意味しているのです。

過去に借金を抱えて自己破産をした場合や、借金をしたけれども返済を数か月延滞をしたなどの金融における事故の情報がこの個人信用情報には記録されているのです。

キャッシングの申込みの際には必ずこの個人信用情報は照会が行われるため、事故の情報が記録されている場合は申込みを行っても審査に通る事は在りません。

尚、これは主婦に置いても例外ではなく、幾つかの消費者金融に対して、一ヶ月など短期間の中で立て続けに申込みを行う事でその都度申込み履歴が記録され、申込みブラックになりますので注意が必要です。